【2020年2月版】今更聞けないカジノ法案について徹底調査してみた

オンラインの入金カジノ入場制限 897690

主に観光客からの収益や世界の貿易の中間地点として収益を上げているシンガポールは、オンラインギャンブル(インターネットを介して行うギャンブル)に対して、規制を行っています。これは、2014年に施行された遠隔賭博法による物で、これによってシンガポールでは、自国・他国の企業がオンラインカジノを含む、オンラインギャンブルの運営を出来ない様になりました。さらに、自国民であるシンガポール人には、世界中のオンラインギャンブルに参加する事事態が違法という事になりました。 更に、内容はもっとシビアで、オンラインギャンブルに関するウェブサイトは全て閲覧ができなくなる他、広告の掲載も禁止。決済関係も利用できなくなるという事です。 入金の手段も出金の手段も経ち、更に、ウェブの閲覧もできなくなるとは・・・。なかなか本格的な法案になっています。

シンガポール政府がオンラインギャンブルに規制?

こんにちは!Casimo編集長の笠原です。 今回は「 年ついに成立した、カジノ法案 」 について解説していきます。 カジノ法案とは、正式な名称を「Intergrated Resort推進関連法案」と呼び、IR法とも呼ばれています。IRとは統合型リゾートと言う意味で、 あくまで「リゾート施設に併設するカジノのみ」合法化する という法律です、。 そのため、 繁華街にある闇カジノや裏カジノは、違法のままになります 。 この記事では、 カジノ法案成立とその影響 、 今後の進め方 や 気になる候補地 などについて幅広く解説していきます。 カジノが建設されると、観光客の増加に伴い経済効果が見込めます。大和総研の試算によると日本の3カ所にカジノができた場合、日本の経済効果は年間で2兆円を超えるものになるそうです 。

オンラインギャンブルが規制対象になった背景

そしてもう一つはサッカーやテニス、バスケットボールなどを賭ける「スポーツベッティング」です。大手ブックメーカーは両方扱っていることが多いですが、今はオンラインギャンブルだけを扱っているというサイトも少なくありません。さらに今後増えていくことが予想される「 e-スポーツに特化したブックメーカー 」も増えてきています。 オンラインギャンブルをしないでも日本でカジノができるからそれを待てばいいと思っている人はいないでしょうか。日本でカジノができたとしても入場料や入場制限などかかり自由に出入りできる可能性は低いです。しかしオンラインの場合大手ブックメーカーを使えば 24時間自宅で楽しむことができます 。また、今ではスマートフォン1台あればプレイできるので手軽にギャンブルができてしまうのです。さて、下記簡単におすすめブックメーカーの特徴とお得なボーナスコードについて紹介します。

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

神奈川県は繁華街がある横浜が候補地になっています。横浜市は広いですが、カジノの誘致に向けて動いているのは、 「山下ふ頭」 です。山下ふ頭は横浜中華街や赤レンガ倉庫の近辺といえばイメージしやすいでしょう。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*