なぜ警察はパチンコを賭博罪で摘発しないのか?

両替事情競輪カジノ 646738

海外旅行用の 最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行している エポスカード で私自身もそう思います。

ラスベガス大全とは?

この単行本に筆者は「なぜ警察はパチンコを賭博罪で摘発しないのか?」という記事を寄稿した。誰もが疑問に思いながら、マスメディアにもネットにも正解は見あたらない。そんな問題を掘り下げることができたと自負している。  今回、その約15年前の記事に少し手を加えて公開するのは、問題に対する正解が当時も現在も変わらないからである。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

ラスベガスといえばカジノ、カジノといえばラスベガス。そんなラスベガスにやって来て本場のカジノをエンジョイしない手はない。  あまりのめり込みすぎるのも問題だが、せっかくはるばる日本からやって来たからにはぜひ楽しんで帰りたいものである。 ところが残念なことに、カジノにまったく興味を示さない日本人観光客も少なくない。  やりたくてもルールがわからない、英語に自信がないというのであればそれはそれで理解できるが、 「ギャンブルは罪悪だ」 、 「絶対に勝てないように仕掛けられている」 、 「どんなに小額でもカジノでおカネを失うのはバカバカしい」 など、勝手な誤解や偏見を持ち、せっかくの体験チャンスをみずから放棄してしまっている者が少なからずいる。(下の写真はラスベガスのカジノ街)。 もちろん「やる・やらない」は個人の自由だが、ラスベガスまで来て遊び心を持つ余裕がないのもあまりにも寂しすぎはしないか。  またそのような誤解や偏見をまわりのビギナーたちに説教している輩も見かけるが、もはやそれはまわりの者にとって迷惑千万な話だ。 とにかく本場ラスベガスまで来てギャンブルをやらないということは、 ハワイへ行ってビーチに一度も出ないようなもの と考えたい。勝ち負けはともかく、なんでもいいからトライしてみようではないか。 少なくともここアメリカではギャンブルそのものに対して罪悪という雰囲気はほとんどない。  罪悪なのは 「ギャンブルにのめり込むこと」 であって(いわゆるギャンブル中毒)、ギャンブル自体は単なるエンターテインメントとしてとらえるのが普通の一般的な考え方だ。だからラスベガスでは老若男女がバケーションの一コマとして楽しそうにギャンブルに興じている。

他の人にもシェアしてあげてください!

Feel the excitement of big wins in your favorite. Hit slot machines, mega jackpots… iPhone5s iOS Winter is coming The great houses of Westeros are preparing themselves for an all new slots adventure: Game of Thrones Slots Casino Are you ready to spin the slot machines on your way to the ultimate glory: The Iron Throne. Test your s in one o… Aristocrat Gaming 2, Heart of VegasAristocrat … Download Lotsa Slots, one of the best casino apps made especially for slots lovers Enjoy all the thrill of Las Ve… Play Teen Patti with Millions of Players around the world real-time.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*