ベアビック法はルーレットに94.5%勝てるってホント?

勝ち方ルーレットベトナムカジノ 827863

アメリカンとフレンチ(ヨーロッパ)の違いは、「00」を含むか含まないかの差 で、単純に考えれば、38分の1と37分の1であれば、37分の1の方が、当たる確率は高くなります。

ハノイのカジノMacau Clubに潜入調査!徹底的に取材してみた!

今回は、特別に店内の撮影許可をいただいたので、徹底取材してきます! 特にハノイのカジノ未体験の方、必見です! カジノというと、ラスベガス、マカオ、韓国といったイメージ強いかもしれませんが、 現在、ハノイには 8店舗 ものカジノがあります。(年6月現在)。 ハノイのカジノは「ミニマムベット」と呼ばれる 最低限の掛け金 が低いので、 少額で楽しむ ことができます。 ハノイに旅行に来たときはカジノにチャレンジできるチャンスです! 特にこの マカオクラブ さんは、他のハノイのカジノに比べても気軽に入店できるので 初心者の方でも安心して挑戦 できます! パスポートを提示して、国籍と年齢確認を行います。 (18歳以上ベトナム国籍以外の方なら誰でも入場料無料で入れます!)。

カジノ ルーレットのルール遊び方、勝ち方・攻略法!

ルーレットは「カジノの女王」とも呼ばれ、多くの人がプレイする人気ゲームです。しかしこのルーレットには0から36までの37通りがある「フレンチルーレット(ヨーロピアンルーレット)」と0から36、そして00の38通りがある「アメリカンルーレット」の2つが主流とされます。この2つのルーレットはカジノのある国や地域によって採用しているものに違いがあります。 またルーレットの賭け方も当たる数字ひとつに賭ける「ストレート」や隣り合うふたつの数字に一度に賭ける「スプリット」などさまざまな種類があります。 また数字に賭ける「インサイドベット」、列などのカテゴリーに賭ける「アウトサイドベット」とあり、倍率なども変わってくるので見た目のシンプルさとは裏腹に賭け方や勝つための戦術も奥深く、勝つのはなかなか難しいものです。 そんなルーレットの攻略法として 「ベアビック法」 と呼ばれるものがあります。「ベアビック法」はルーレットの戦術のひとつですが、ゲームごとの勝率が94。 それでは「ベアビック法」はどのようにして行うか、やり方をご紹介していきます。 ゲームが始まったらディーラーがベットの終了となる「ノーモアベット」の言葉と共に、レイアウト(賭ける部分)を手でかざすまでの間はベットが可能なので、0と前回出た数字を除く35カ所にベットします。 前回出た数字がわからない場合は1から36の中で好みの数字ひとつをはずして賭けます。 例として前回の結果が「28」であれば、0と28を除くすべてにベットをしますが、自分が座っている位置によっては場所が遠いことがあります。また35カ所にベットをするのは時間がかかるので賭け終わる前に時間切れになってしまい、賭けきれなかった場所がヒットして負けてしまう、ということもあります。 これを防ぐために、「インサイドベット」と「アウトサイドベット」を複合させた「ベアビック法」を行うプレイヤーもいます。 これは前回出た数字がある列はストレートベットをし、残りの列はコラムベットに数字分(1ドルであれば12ドル)をベットすることで、複合させて「ベアビック法」を成立させるというものです。またオンラインカジノであればベットまでの時間制限がないところもあるので、こういったところでは「ベアビック法」がやりやすいと言えるでしょう。 「ベアビック法」のもうひとつのデメリットとして、1ベットが1ドルであれば毎ゲームごとに35ドルが必要となり、当たってもプラスは1ドルなので大きく勝てるものではありません。 さらに勝率は94。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*