日本MGMリゾーツ: 「大阪ファースト方針」を発表

結果発表カジノリゾート参入方針 369468

PAGCORがマニラのカジノ営業再開のための請願書提出を明かす   フィリピンのゲーミング規制機関であるPAGCORは、先月営業再開への請願書を提出し、現在は全国のランドベースゲーミング営業を再開するのため、新型コロナウイルス対策で設置された省庁間タスクフォース IATF からの承認を待っていると話す。   Inside Asian Gamingは、新型コロナウイルスによる規制が、フィリピン首都圏で月曜、強化されたコミュニティ隔離 Enhanced Community Quarantine:ECQ から、一般的なコミュニティ隔離 General Community Quarantine:GCQ 措置に引き下げられたことを受けて、PAGCORに対して、カジノおよび統合型リゾートの営業再開の許可がいつになるか関する具体的な見通しがあるのか質問し、同規制機関は、すでに事業者たちが従うと合意している提案中の安全ガイドラインのリストを含め、そのような要請をすでに行なっていると明かした。

【11/24~11/30のIR記事まとめ】北海道がIR誘致見送りを発表 今後のIR誘致競争に影響

日本参入を狙う海外IR事業者6社(アルファベット順) ・ギャラクシー・エンターテインメントジャパン(香港)= 大都市集中。大阪に意欲 ・ゲンティン・シンガポール(シンガポール)= 大阪、横浜、東京ターゲット ・ラスベガス・サンズ(米国)= 関東(横浜、東京)。横浜にフィット ・メルコリゾーツ&エンターテインメントジャパン(香港)= 横浜ファースト ・日本MGMリゾーツ・オリックス(米国・日本)= 大阪オンリー ・サンシティグループホールディングスジャパン(香港)= 和歌山ターゲット。

カジノ・IRの記事一覧

カジノ法案(統合型リゾート IR 整備推進法案)とは、正式名称を「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」といい、簡単に言うと 「これから統合型リゾート(IR)を作っていきましょう」という法律 です。 では、この統合型リゾート(IR)はどういった施設かというと、カジノのほかにホテル、劇場、映画館、アミューズメントパーク、ショッピングモール、レストラン、スポーツ施設、スパなどの温浴施設、国際会議場・展示施設といったいわゆるMICE施設を一区画に含んだ 複合観光集客施設 です。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*