主な世界のカジノの導入、法制化・合法化の歩み

適法性フランスの人気カジノ 235756

そこでやむなく、在日外国人に意見をきいたものがないか、インターネットで探してみたところ、サンプル数は20と少ないものの、マイナビニュースに「カジノを作ることに賛成?反対? 在日外国人の意見とは」という記事があった(17年12月18日掲載)。日本に住んでおり、日本人のことをある程度以上知っている人々の意見は、たとえ数は少ないにせよ、カジノの問題をじっくり考える上で参考になるだろう。

Ⅰ 賭博とゲーミング・カジノの一般論

経済学の教科書によると、情報の非対称性 Information Asymmetry とは、二つの経済主体が、取引や契約などの何らかの関係にあるとき、一方の経済主体が他方の経済主体よりも多く情報を持っている、つまり、情報が偏在している状況を意味する。この情報の非対称性がある場合、情報をより多く持っている主体がその立場を悪用して、不正を働くことがある(卑近な例では、資金の貸出人は借入人がどのように金を使い、活用し、返済を考えているかを正確に知ることはできない。これを悪用して、借入人が借金を踏み倒すような事象を情報の非対称性を悪用したモラル・ハザードという)。カジノの場合にもこれは起こりうる。ハウスと顧客が保持する情報が必ずしも同じレベルではないことを悪用して、ハウス側が不正な行為により顧客をだます可能性を意味する。たとえば、顧客はゲームのルールが公正で、一方的に不利な状況にはないことを確認する手段をもたない。ルールの中に、顧客には解からないように、一方的にハウスにとり確率的に有利な前提を設定することは不可能ではない(これは、顧客勝ち分の配当に関するルールを顧客に解らないようにハウスに有利に設定するなどの考え方になる。説明しない限り、これを顧客は理解することができない)。あるいは、スロット・マシーン等の電子式ゲームは一定の論理回路基準に基づき、公正な確率で顧客にあたりを設定することが制度上の義務となるのが通例だが、これを改ざんし、顧客にとって不利な設定をすれば顧客が勝つ確率は減ることになり、ハウスは確実に儲けることができる(遊技における確率設定の考え方と同じである)。この場合、顧客にとっては何らの情報もなく、そもそも騙されていることを理解する術がない。本来顧客が勝つ確率を正確に理解し、この理解の上に立ち、賭け金行動をすることが適切なのだが、情報の非対称性が存在すれば、そうはならなくなる。

【前述・要約】主な国のカジノ合法化の目的と理由

近年、カジノギャンブリングの合法化は世界的に顕著に広がりをみせており、外貨収入・観光事業の発展など各国において様々な背景からカジノは法的・社会的にも認知され、合法化した国や合法化に向けて歩み始めている国々もあるほどです。 それは、合法化によって得る「財政収入の増加」「犯罪の排除」などのメリットが大きく、また、近年に法制化・導入した国では導入前より治安が良くなった等、健全な娯楽レジャー産業のひとつとして認識されていると言えます。 イギリス/年に賭博法が施行。 「ギャンブルはコントロールすべきであるが、禁ずるべきではない」と言う考え方からカジノを解禁。 オランダ/年に公社を設立。 違法・無法カジノの排除と国家歳入財源の確保の観点から公営カジノとして解禁。 アメリカ/年ネバダ州で合法化。 州財政収入の確保や少数民族の自活などがありますが、当時暗躍していた賭博による組織犯罪の排除も社会的に大きな要因と云われています。

IR*ゲーミング学会

PC PC - Casitabi No2. 20. Starting Days  Free. Starting Days  2   BOX. WGP     A42 HAKUCHI3 BUCK-TICK CLIMAX TOGETHER.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*