カジノ事業者に係る公租公課 ~我が国のIRビジネス参入における法制度上の留意点(3)~

カジノリゾート参入方針懸賞応募 107229

里見  昨年9月にはクラブやスパ、ショッピングゾーンなどの機能を拡充させ、今年の3月にワンダーボックスという室内型のエンターテインメント施設がオープンし、パラダイスシティの第1期開発が完了、本当の意味での統合型リゾートに仕上がりました。私自身、開発段階から現在に至るまでに何度もパラダイスシティに足を運んできましたが、企画時点で想像していた以上にクオリティの高い施設に仕上がったと感じています。

【2/16~2/22のIR記事まとめ】横浜市が3月に素案公開とパブコメの開始、和歌山も実施方針を公表

統合型リゾート (とうごうがたリゾート、 英 : Integrated Resort 、略称: IR )とは、 国際会議場・展示施設 などの MICE 施設、 ホテル 、 商業施設 ( ショッピングモール )、 レストラン 、 劇場 、 映画館 、 アミューズメントパーク 、 スポーツ 施設、 温浴施設 などと一体になった複合観光集客施設のこと [1] 。日本においては、 地方自治体 の申請に基づき カジノ の併設 を認める区域を指定して設置される予定である。 マカオ や シンガポール など、近年に統合型リゾートを設置した外国都市が国際的な観光拠点として多数の観光客を進める中で、 訪日外国人観光客 (インバウンド)を集めるプロジェクトの一つとして、日本国内への統合型リゾート設置が注目されている。しかし現行の 日本 の法制度では カジノ が違法とされているため、統合型リゾートの推進にあたっては、カジノの法制度化が大前提とされていた。

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

未来の科学者との対話18 第18回神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集。 今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本。

カジノ解禁へ新組織…政府、東京五輪前の整備目指す | カジノ新聞

日本の統合型リゾート Integrated Resort、以下「IR」という。 の議論においては、カジノ事業者に係る税金に関して検討が続けられ、特に、GGR カジノ売上高、Gross Gaming Revenueの略称 に比例する税金に関するIR事業者が負担する税率及びカジノ入場料につき重点的な検討が行われてきました。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*