《後編》仁川空港から5分!パラダイスシティのイチオシ「スパ・シメル」に行ってきました♪

カード現金化ワールドホテルスパカジノ 961575

朝から昼まで乗り継ぎで時間があったので噂に聞いていた、カジノに行ってきました。 結論から言うと、空港のターミナル3出口から歩いて行くのが一番近いです。 カジノをやるだけなら特にお金もかからず荷物も。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

仁川 。 カジノフロア行き、真っ先にしなければいけないことは両替である。 販促担当からは飛行機やホテル、食事など全てをカジノ側に負担してもらう条件として、「万ウォン最初にドロップしてください~」と緩くではあるが言われていたので、VIP側のキャッシャーへ行き、日本から持ってきた現金30万円をウォンへ。(大体万ウォンくらいになったかと。) そして追加でクレジットカードで万ウォン分をショッピングし、合わせた金額をテーブルでチップに交換する。ドロップの意味やチップのクレジットカードでのショッピング内容については以前書いたコラムを見て下さい。 追加で1点注意しなければいけないのは、両替する分すべて(私でいう約万ウォン全て)をクレジットカードで購入してはいけない、という事だ。現金をウォンに変えた際にレシートをもらうのだが、「現金両替専用のレシート」がないと、カジノで勝った際にクレジットカードで購入したレシートだけでは日本円への両替ができないとの事。 私はこのことを知らず、一度キャッシャーとタフな交渉をした上に大量のウォンを日本に泣く泣く持ち帰ったことがあるので、ご注意を。 後、これも以前のコラムで書いているが、私は基本Visaカードを使用しているが平場のキャッシャーでショッピングしようとしたところセキュリティーロックがかかってショッピングできず、冷や汗をかいたことがある。慌てて販促担当を呼び、結局VIPフロアのキャッシャーでショッピングを試みたところ無事事なきを得たのだが。大量の金額をショッピングする場合は事前にカジノで使用できるかカード会社に確認したほうが無難だろう。 (負けた場合もカード会社のポイントも貯まりますし・・・) ここまで長々と書いてきたがいよいよ勝負(死闘)開始。 VIPフロアのミニマム30万ウォンのテーブルに着席し勝負を開始する。正直、朝から電車に乗り遅れたり、羽田の手荷物検査が混んでいたり、そのせいでいつも旅行の必須アイテムであるSPAが買えなかったり朝から嫌な予感はしていた・・・ (書きながら思い出したが金浦空港からパラダイスシティへ送迎車で向かう際、高速の料金所に人がいなくて立ち往生もした) この後、その嫌な予感が現実のものとなる・・・・。

2.スパ・シメルをレポート!

また、マレーシアは東南アジアの中でも政治が安定しており、クスリや銃の取り締まりが厳しいことはもちろん、命に関わるような暴動もおこらない 「治安が良い国」 として知られていますが、スリといった小犯罪は確認されているため足を運ぶ際は充分に気を付けて行動しましょう。 ゲンティン・ハイランドのカジノ施設には、残念なことにクロークがありません。 ホテルに立ち寄らずにカジノに荷物を持ってきてしまった場合には、 有料のロッカールーム に荷物を預けることになります。 日本では鍵や暗証番号が一般的ですが、ゲンティン・ハイランドのロッカールームは顔認証システムとなっています。受付時に撮影・登録した顔写真がキー代わりとなります。 鍵を紛失したり盗難に遭う心配が少ないのが良いですね。

ユーザーに人気の設備・サービス

現金キャッシュバックにはスロットだけじゃなく、生中継で美女ディーラーと勝負する、ライブディーラーも含まれている 為、バカラ、ブラックジャック、ルーレット等のディーラーと勝負するゲームをプレイしたい方やVIPにも人気急上昇中!

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*