協会の活動・主張【静岡県保険医協会】患者負担軽減等の署名活動

債務調査クルーズ船カジノ 301252

朝日新聞社の反対の根拠: 1)ギャンブルは、犯罪を誘発したり、暴力団など反社会的勢力の資金源となったりする恐れがある。 2)射幸心をあおるカジノの設置は、ギャンブル依存症や多重債務者を生む恐れもある。 3)提案した党の中にも慎重派がいる。なぜ国民の間に反対論が根強いのか、根本的に考え直すべき。 4)日本人の入場への一定の制限だけでは、依存症などの不安がぬぐえるか疑問。 5)ギャンブル依存症の患者は相当数いる。年の厚生労働省研究班の推計「依存症が疑われる成人は536万人」 6)IR議連はカジノの収益を依存症対策に充当する考えを持つ。しかし、依存症対策は今すぐにでも国の責任でやるべき課題。カジノ解禁とセットにする発想は本末転倒。 7)経済効果も疑問。アジアのカジノ市場は競争が激しくなる一方。マカオも年にカジノ収入が減少に転じた。 8)日本人の需要を引き出せば勝機は十分あるとの見方もあるが、それでは入場制限を設ける方針と矛盾する。 9)IRが観光促進に寄与する見方がある。観光は日本各地に根付く歴史と伝統であり、欧米発祥のカジノが日本の魅力向上につながるか疑問。 10)年末に知事が交代した沖縄県は「好調な観光の将来に影響を及ぼしかねない」としてカジノ誘致競争から撤退。

社会 アクセスランキング

最近,日本でもカジノを解禁する,という計画が話題になっています。 カジノは諸外国で行なわれていて,税収・観光の促進,という素晴らしい効果を生んでいます。 『カジノ』と現在の法律との関係と,法改正のアイデアについて説明します。 まず,現在の刑法では,カジノを行うと,次のように犯罪が成立します。 詳しくはこちら|賭博罪|基本|具体的種目・賭博場開張図利罪 『カジノ』では,ストレートに『現金』を賭けるので,当然『賭博罪』に該当するわけです。 詳しくはこちら|賭博罪の適用除外となる『一時娯楽物』の判断基準・具体例・判例。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*