【2020年版】おすすめ「中国送金サービス」3つを徹底比較!

アジア各国の選択送金手数料 158499

世界の工場から世界の市場へと移り変わりつつある「中国」ーー。その市場規模は依然として急成長中であり、日本企業にとっても非常に魅力的でしょう。そのため、中国ビジネスを考えている企業も多いはず。 しかし、国家の力が大きく、規制や独自サービスが多い「中国」でのビジネスは、他の国への進出とは少し違う部分があります。それは、海外ビジネスにおいて必須となる「送金」でも同様のこと。中国の現地法人・銀行口座の有無によってもその手続きの煩雑さや費用、日数などが大きく変わってきます。 そこで、本記事ではおすすめの「中国送金サービス」について紹介するとともに、それぞれを比較します。是非、本記事を参考に御社に合った中国への送金サービスを見つけてください。

▼ アナタの海外ビジネスを成功させるために

海外ビジネスを行っていく上で、日本法人と現地企業とでお金のやり取りが必要となってくるケースは多いはずです。しかし、現在日本企業の主な手段となっている銀行による海外送金は、手続きが非常に煩雑であり、かつ手数料やタイムラグなども大きく、課題として捉えている企業は多いのではないでしょうか? 実際、「Digima〜出島〜」のユーザーに実施したアンケートでも、課題を抱えている企業の割合は大きかったです(『海外進出白書(年版)』より)。 そのような背景もあり、海外送金の課題を解決するサービスがいくつか立ち上がっています。それぞれに、メリット・デメリットがあり、また取引先の国や業種、条件によっても使用可否などがあり、各社によって選択すべきサービスは変わってくるでしょう。そこで、本記事ではおすすめの「海外送金サービス」について紹介するとともに、それぞれを比較します。是非、本記事を参考に御社に合った海外送金サービスを見つけてください。 PayPalは本来オンライン決済サービスであり、海外送金のためのサービスではありませんが、ユーザーがアカウントにお金を送ったり引き出したりできるサービスですので、オンライン銀行口座のような使い方ができます。 ビジネスアカウント開設費、初期費用、月額手数料、銀行口座への引き出し手数料は基本的には無料ですが、銀行口座へ引き出す金額が5万円未満の場合は1件につき円の手数料が発生し、アメリカの銀行口座への引き出しは手数料が2。 夜間でも送金が可能な楽天銀行、為替手数料がかからないTransferWise、入金が即時行われるPayPal。サービスによっては送金額によって手数料が割高になったり、法人アカウントを利用できない方法があったり、口座への引き出しに時間がかかるなど、それぞれメリット・デメリットがあります。 どのサービスも初期費用や月額費用は一切かかりませんので、ケースによってうまく使い分けるのがよいでしょう。

定期的に送金する必要がある場合

MARU-JAN Yahoo. net net 1,WAT Yahoo. 11  . Maru-JanPLAY WEBMONEY   INFO PLAY 1 PLAY 2 WEB MONEYGET 1 PLAY  2 WEB MONEY 16 WEB MONEY WEB MONEYGET 2 GET PLAY WEB MONEY Mansengo net PC SEGA MJ YahooMaru-Jan Yahoo.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*