焦点:日本カジノに米サンズが100億ドルの賭け、巨大市場にらみ先陣争い

世界一カジノ議連 271852

ギャンブル依存症対策については、まずは、与党・各党が今国会で議員立法で基本理念を定めるギャンブル等依存症対基本法案(プログラム法)を成立させ、それをベースに、政府が対策を強化する展開。 基本法案は、既存射幸産業(公営競技、宝くじ、toto、パチンコ)、将来に実現するカジノをカバーする。

ボー・バーンハート博士UNLV(1)IRは観光産業の稼ぎ頭。米国社会の信頼を獲得

N のオーナー、シェルドン・アデルソン氏が、カジノ解禁に動く日本でのビジネスチャンスを虎視眈々と狙っている。 サンズだけでなく、MGMリゾーツ・インターナショナル MGM。 N 、ウィン・リゾーツ WYNN。 O といった海外のカジノ運営企業や、セガサミーホールディングス 。 T のような国内ゲーム娯楽企業も、数少ないカジノ運営の認可を取得しようと準備中。MGMリゾーツのジェームズ・ミューレン会長兼最高経営責任者(CEO)は、ロイターとのインタビューで「このプロセスは非常に明瞭で透明性が高く、早い段階からの根回しして他社より優位に立とうとしても、それは無理だろう」と話した。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*