ブラックジャック攻略、実践で使える確率データ&カウンティング

配当ブラックジャック実践 410952

そしてその勝負は、個々のプレーヤー(自分を含めた他の一般の客)とディーラー(カジノ側のスタッフでトランプを配る人)との 1対1 の対戦形式で勝敗が決められる。つまりプレーヤー同士(客同士)は互いにまったく関係ない。

プロが教えるブラックジャックの必勝法・攻略法

ブラックジャックを攻略するためには確率データを知り基本通りにプレーすること、さらに期待値をあげたいならばカウンティングをすることです。 データは暗記、カウンティングは実践で使える簡単なカウンティング方法をまとめてみたのでぜひ一度読んでみて下さい。 ブラックジャックには 控除率 の記事でも書きましたが、 基本戦略通りにプレーするだけで理論上はほぼ対等に戦う事が可能 です。 これが最も大切で逆にこの基本戦略を全くしらないのならやるべきではありません…。 初めて遊ぶなら印刷して見ながら遊ぶのが最も期待値の高い遊び方であると言えるでしょう。 ちなみに期待値はデッキ数やルール 細かい違いがある によりますが、 99。 H:ヒット S:ステイ D:ダブルダウン P:スプリット。 ただ初心者こそファーストシートを選択した方が良いです。 エンドシートに座ってしまうと、前の人の配られたカードが見えてしまうので選択に迷いがでて ベーシックストラテジー 通りに選択出来ない人がいます。

関連記事(一部広告)

ブラックジャック(Blackjack)はトランプを使った、オンライン・ランドカジノ共に大変人気のある カジノの定番ゲーム です。ゲームはディーラー対プレイヤー形式で行われ、手札の合計がより21に近い方が勝つという、ルールはとても簡単ながらも、攻略法が多く存在する奥が深いゲームです。 ブラックジャックはディーラー対プレイヤー形式で行われ、 配られたカードの合計を相手よりも21を超えない範囲で21により近づけた方が勝ちとなるゲーム です。 一見、お得に見えますが、ディーラーがブラックジャックだった場合、自動的に負けが決まるため、最初に賭けた金額は没収されます。つまり、 インシュランスで勝ったとしても、最初の賭け額がプラマイゼロになり、さらにインシュランスの賭け金は戻ってこない ため、おすすめできません。さらにアップカード「A」の場合ブラックジャックになる確率が高いのはもちろんですが、それでも確率は13分の4(10、J、Q、K)です。 インシュランスの例) 最初に10ドル賭け、その半分の5ドルをインシュランスで賭ける。 ディーラーがブラックジャックだった場合、最初に賭けた10ドルは没収、そしてインシュランスの5ドルが2倍の10ドルとして支払われるが、インシュランスの5ドルは戻ってこない。このためマイナス5ドル。

「初心者向け攻略ガイド 」カテゴリの関連記事

スペードのA またはJ が出ると特別ボーナスがもらえるルールがあったことから、「 ブラックジャック 」と呼ぶようになり、ゲーム名にもなりました。 ブラックジャックは、ヨーロッパから生まれたゲームになりますが、19 世紀後半にはアメリカでも楽しめられるようになり、 年代にブラックジャック必勝法が考案され、広められたされたことにより、 爆発的な人気を集めました。 世界的にポピュラーなゲームなので、やったことがある!!知ってる!!という人も多く、 カードゲームの中でも最も定番で人気の高いゲーム の一つです。 カジノで行われるブラックジャックは、プレイヤーはプレイヤー同士ではなく、 ディーラー(親、胴元、ハウス) との間で1 対1 の勝負を行います。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*