セブ島でカジノ体験!初心者にも分かる!ルールやゲーム紹介

ブラックジャック必勝法セブ島新カジノ 736659

フィリピンのカジノ市場規模はマカオ、シンガポールに次いで東南アジア第3位。 カジノ施設は国内に54店舗もあり、最近は政府主導で大規模なカジノIR事業を推進しているので、これから更なる成長が期待されている国なんです。

フィリピンでカジノだけで生活出来るのか?の基本ルール

アクセス・気候・物価 日本からの直行便もあり、韓国の仁川や釜山での乗り換えでも行くことができるため、日本のどの都市からでも比較的に低価格で行くことができるリゾート地です。平均気温が約28度と年間を通して暖かいセブのベストシーズンは12月~5月なので、日本が寒い時季に南国のセブで過ごす方も多いでしょう。ショッピングやレストランなどの物価も安いため、価格以上に楽しむことができるのもセブの魅力です。 移動手段 セブでは電車などの公共交通機関はなく、タクシーやジプニー、バイクタクシー、レンタカーなどが主な移動手段です。日本と比べると、タクシーの初乗りは40ペソ(約87円)と非常に安いですが、必ずメーターが回っているかを確認しましょう。運転手さんのと交渉によっては、終日チャーターをして3,ペソ(約6,円)~4,ペソ(約8,円)くらいなので、日本ではありえないほど破格の値段で乗車も可能です。移動距離によってはチャータータクシーよりもメータータクシーの方が安い場合もありますが、チャーターの場合だと帰りのタクシーを探したり、混雑する乗り場で長時間待たなくても良いのがメリットです。 また、ツアーにない観光施設やショッピングモールをめぐりたい場合は、タクシーをチャーターすると便利に移動ができ、プライベート感も満喫することができるでしょう。2、3人のグループでチャーターをすれば、1人当たりの料金としては安いのではないでしょうか。5人以上のグループだとタクシーを複数台チャーターすることになるので、運転手付きのレンタカーを借りるとお得になります。人数や用途に合わせて交通手段を選びましょう。 デパートやスーパーマーケット、路面店などが並び、観光客だけでなく地元の方にも人気のストリート「コロンストリート(Colon Street)」。徒歩圏内にはフィリピン最古の教会「セントニーニョ教会」、歴史的な建造物「マゼランクロス」や「サン ペドロ要塞」なども多く、ショッピングや食べ歩き、史跡散策も同時に楽しむことができます。タクシーで観光地まで行くのも良いですが、せっかくセブに来たのならセブシティの街並みを散策してみてはいかがでしょうか。 Cardinal Rosales Ave, Cebu City, Cebu, フィリピン。 yukorin08がシェアした投稿 — 年 8月月18日午前7時16分PDT。

フィリピンのカジノ情報

アジアの人気リゾート地 として名を上げる セブ島 。太陽のもとで存分に遊んだ後の おすすめの夜のアクティビティが『カジノ』 です。せっかくの旅行なので、普段日本ではできないことを気軽に体験してみましょう。 セブ島のカジノは他の国のカジノに比べて 非常に入りやすい雰囲気 です。カジノの本場として知られるラスベガスよりも、入場の際の 規制や館内でのルールなどが緩く 、気軽に楽しむことができます。 セブ島のカジノの年齢制限は、 男性は21歳以上 、 女性が18歳以上 と定められています。また、 入口でパスポートの提示を求められることもある ので必要に応じて、パスポートを持ち歩くようにしましょう。 セブ島のカジノは賭け金の下限がない ので、ここでも 初心者の挑戦のしやすさ を感じます。 10ペソ(日本円20円程度) から、ゲーム感覚で始めてみてはいかがでしょう。 セブ島でカジノをしてみようと考えている皆さんにカジノ場の詳細を紹介します。セブシティでカジノができる場所と言えば、中心に位置する有名な高級ホテル「 ウォーターフロント セブシティ ホテル&カジノ 」です。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*