カジノは「ギャンブル依存症」を増やすのか

ギャンブル国民カジノ 165184

近年、カジノギャンブリングの合法化は世界的に顕著に広がりをみせており、外貨収入・観光事業の発展など各国において様々な背景からカジノは法的・社会的にも認知され、合法化した国や合法化に向けて歩み始めている国々もあるほどです。 それは、合法化によって得る「財政収入の増加」「犯罪の排除」などのメリットが大きく、また、近年に法制化・導入した国では導入前より治安が良くなった等、健全な娯楽レジャー産業のひとつとして認識されていると言えます。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

政治 文字の大きさ 拡大 標準。 衆院内閣委員会でわずか6時間の審議で「カジノ推進法」が可決された。国会会期内での成立を目指して6日には衆院本会議で可決される予定だという。良識の府である参院でのまっとうな議論を期待して「カジノ推進法」の質疑に対する疑問を述べたい。本稿では、「統合型リゾート(IR)」の収益エンジンとして組み込まれたカジノをIR型カジノと呼ぶ。 衆院内閣委員会で可決されたカジノ法案=12月2日。

カジノで驚異の爆勝ち!!人生初ルーレットしたら圧倒的大勝利しました

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*